Esthetic・Whitening審美歯科(ホワイトニング)

審美歯科とは、歯の美しさに焦点を当てた「総合的な歯科医療」の事で、歯の機能を回復させるだけでなく、本来の自然な美しい歯に修復することを目的にしています。
また当院では、単に歯の色や形を治すのではなく、歯の構造や機能を考えて処置をおこなう事により、皆さまの美しいスマイルを取り戻したいと考えております。


話すとき、笑うとき、食事をするとき、歯の美しさで人に与える印象はとても変わります。
より美しく、自然な歯を当院で手に入れてみませんか。

補綴(つめ物・被せ物)治療とその種類について

補綴治療とは、歯が欠けてしまった部分や虫歯などで削った部分を、つめ物や被せ物などの人工物で補う治療のことです。物を噛んだり話したりといった機能面での回復と、見た目の改善のためにおこなわれます。またこの補綴物には、様々な種類があり、大きく保険適応内の材質での治療と、セラミック等を用いた自費治療(自由診療)に分けることができます。

さらに価格・審美的な理由だけでなく、歯ぐきとの適合性など考慮しなくてはならない点も多々あります。そのため当院では、まずはしっかりとした検査とカウンセリングをおこない、患者さんのご要望をお伺いした上で、口内環境に合わせた補綴物を複数ご提案しております。

金属の代わりに特殊な強化セラミックを使用する最先端の治療法です。金属を使用しない為、光の透過も自然でもっとも天然歯に近いといえます。

セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材です。
色調、強度ともに保険適応のプラスチックに比べ優れています。

保険適応外の代表的な差し歯がこのメタルセラミックです。
色調、形態ともに優れています。
唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。

差し歯の裏側の部分を、特殊なメッキの技術を応用し24K(純金)で製作します。24K(純金)ですので支台歯(土台)とのフィット(適合)に優れています。

セラミック特有の透明感がある為、自然な色調が再現できます。唾液の吸収がなく変色や口臭の心配もありません。

セラミックの透明感とプラスチックの粘り強さを適度にあわせもった材質です。
奥歯の詰め物には最適です。

保険適応のプラスチック性の差し歯です。数年使用していると唾液を吸収し変色したり磨り減ってしまうことがあります。

歯を白く美しくする「ホワイトニング」

ホワイトニングとは、1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げ白くしていきます。
以前では歯を白くするには、歯を削って白い歯を被せたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法しかありませんでした。しかし現在では、歯科医院により様々ですが、歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白する方法、個人の歯に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法などによって歯自体を白くすることが可能となりました。

ホワイトニング施術前後

ホームホワイトニング ~ オパールエッセンス ~

ホームホワイトニングとは、ご自宅でホワイトニングをおこなう方法です。
かかり付けの歯科医院にて自分に合ったトレー(マウスピース)を作成し、その中に透明なジェルを入れて夜眠っている間に漂白していく方法です。ホームホワイトニングの良いところは、自宅でじっくりとホワイトニングができるため継続的におこなえば効果が現れやすい点にあります。ただし、きちんと歯医者の指導を受けてからおこなわないと、思った以上に効果が出ないばかりか歯を傷つけたりすることもあるのでご注意ください。


【オパールエッセンスの特徴】
◾粘着度が高いためトレイから流出がなく唾液と混じることがありません。
◾薬剤の漂白効果が高いです。
◾安全性が高く、持続効果があります。
◾PH7(弱アルカリ性)に近いため歯面に優しく、歯質を痛めません。

診療時間 午前:9時半〜12時/午後:14時〜19時
モバイルサイト http://www.nanahoshi-dental.com/m/
患者さまの声
Copyright(C)NANAHOSHI DENTAL All rights reserved.